コスモス畑、秋の名物の裏の事情?

めっきり秋めいて参りました。10月に入ると、各地でコスモス祭りなどが催されています。コスモスってカラフルで、繊細な茎と葉で風にゆらゆらしていて、秋の澄んだ空気によく映えるとても美しい花だと思います。f722ba24c1dbc57d2fd4c343feb0b44c_s
週末には家族でコスモスを見に行かれる方も多いと思います。私の家の近くにある大きな公園でも毎年この時期にはたくさんのコスモスが咲き乱れていて、カメラを首から下げた方々がたくさん訪れます。芸術の秋、絵になりますね。

秋になると田んぼの中にコスモス畑が出現

02d42470db9a9716d124015b069e5d6e_s
実は私、子供の頃はこのたくさんのコスモスを公園ではなくよく田んぼで見かけていました。田んぼというより田んぼだったところというのでしょうか、稲刈りが終わったあとの田んぼで、何枚かの田んぼのスペースだけ、いきなりパパッとコスモス畑になっているもので不思議に思ったものです。

今でも田舎に帰ると同じ光景を見るのですが、実はこれって「お米の生産調整」に寄るものだったんですね。平たくいうと、お米を生産しすぎては余ってしまうので、田んぼをお休みさせる目的でコスモスが咲いている、という訳。何もしないまま田んぼを置いておくと荒れてしまうのでそのためにコスモスやレンゲなどを咲かせているとのこと。
実際、蒔いたまま放ったらかしでも綺麗に咲いてくれて、景観がよくて観光アピールにもなる。そして、田んぼを休ませることによって作りすぎない、増えすぎることによってお米の価値(=値段)が下がることを防いでいる。
良くできているなあと感心しました。

コスモスってどんな花?

見慣れた秋の花、コスモス。実は原産地はメキシコで、高原地帯に生息している植物だそうです。日本には明治20年頃に渡来したと言われています。メキシコ高原は温暖で空気の乾いた気候を持つ地域で、そのため水やりをせっせとする必要がなく、日当たりと水はけが良い土さえあれば痩せた土地でも育つ、強い植物です。
見た目の繊細さと打って変わって逞しいんですね。

コスモスの種類

コスモスは「秋桜」と書くこともあり、淡いピンク色のものや赤い花が思い浮かびますが、最近では白や黄色、チョコレート色のものもあります。新しい品種もたくさんあり、花屋では珍しい種類の鉢植なども見ることが出来ます。

コスモスの花言葉

【乙女の純真】【乙女の真心】【調和】【美麗】
色別に分けると、
・白 美麗、純潔
・赤 調和、愛情
・ピンク 乙女の愛情
・黄 野生の美しさ 自然の美
・チョコレート 恋の終わり

5465ed5e1712da48cdf3bac9b942a314_s

秋の行楽日和に、満開の花々に会いに行かれてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)