年末年始 くろしお特急で、南紀串本へ行こう!【その2】

【その1】はこちら

乗車したら確認すること

まず、自分の乗っている車両の前、後のどちらかにトイレがあるので、

場所の確認をしておいた方が良いでしょう。

2号車の場合、後ろ側(大阪側)にトイレがあるので、

トイレランプが車両後ろ側のドアの上にあります。

だれもはいっていなければ白、

誰かがはいっていると赤っぽい色に点灯しますので、

それでタイミングを見てください。

乗車してひと呼吸置いたあたりで車内アナウンスにより

トイレ・自販機・公衆電話などの設備についても説明があります。

音楽を聴いてリラックスするのは設備の確認をしてからの方が

良いかもしれませんね。

出発の時点では2号車は、1人分空いた席が複数。

真ん中の通路には誰も立っていません。

私は1人でとなりは空いています。

私以外にも、1人の人は横が空いている状態が殆ど。

カップルが2人並べる席を探して車両移動していきました。

私は酔いやすいので、この間に酔い止めを飲みました。

天王寺迄に車掌さんが乗車券と特急券のチェックに来ます。

車内販売も回ってきました。

どちらも混んで来て通路に人が立つと回り辛くなるので、

今はまだ余裕を感じますね。

だいたい空いている場合は、

天王寺に到着前に乗車券・特急券のチェックが終わります。

と思ったら、私の前に質問とか車内支払いの人が居たのでチェックされなかった。

「すみません、あとでまた来ます」と謝って行かれました。

経験上、新大阪ですでに満席、通路に立つ状態で天王寺に到着して

いっぱいいっぱいになった時には、車掌さんの切符の確認と車内販売は

串本まで回ってこられなかったことがありました。

同じ車両に、始めの改札をicocaで通った人がいて、

車掌さんと何やら話していました。

確か、降車駅で乗車記録を消してもらう必要があるとか。

始めから切符を用意しての乗車の方が面倒がなくて良さそうです。

スポンサーリンク


天王寺に到着。

15分程したら天王寺に到着します。

天王寺でも新大阪からと同じ位たくさん乗って来ます。

乗客は思ったより少なかったです。

今年は帰省日が分散しているのかもしれませんね。

通路に立つ人は天王寺着の時点ではいませんでした。

席を探してウロウロする人がいるのは大抵がカップルや

親子連れの様子。座席は満席の模様。

私の隣にもおじいさんが座りました。

和歌山に着きます

約1時間で到着しました。10人以上は降りたでしょうか。

ホームには乗車待ちの人が並んでいます。

海南に到着。

和歌山から10分ほどで、海南に着きました。

時間は16:10。

海南でさらに人が降り、空いている席がチラホラ現れます。

この辺でスマートフォンの電波が弱くなってくるので、

電池の消耗を気にするなら機内モードに。

この先の山間は電波が特に弱くなっていきます。

海南を過ぎると山、明けると右側に海、という風景に変わって来ます。

子どもに『海が見えるよー』なんてお母さんが言っているのが聞こえます。

オンシーズンでまだ明るい時間帯なら、水平線が見えるタイミングで

アナウンスが入ることがあります。

「右手にご覧いただけますのは・・・」みたいな感じですね。

今回は暗くなってきていたのでありませんでした。

私は2席を1人で使う人をうらやましく見ています。

トイレにいきたいですが行き辛い。。。

ミカン畑が見えてきて、風景はのどかになってきますね。

ミカンのなっているまるい木が可愛らしいです。

この辺りでけっこう寒くなって来ました。

トイレ行き辛い。足下も荷物でいっぱい、隣にはまだおじいさん。

寝てます。動き辛いので、次の到着駅御坊で動こうかと思います。

トイレがあるのは乗っている2号車の後ろ、3号車との間です。

海南を過ぎた辺りに見えていた海も、一切見えなくなって長い時間が経ちます。

御坊に到着。トイレへ…

トイレは男女共用です。
2号車の場合、後ろ側(大阪側)にトイレがあるので、

車両の後方のドア近くにトイレランプが着いています。

誰も入っていなければ白、誰かが入っていると赤っぽい色に点灯

しますので、それでタイミングを見てください。

和式トイレで、残念ながらほとんどの場合は床が汚れています。

なので、気をつけてください 笑。

指定席では洋式もあるかもしれません。

トイレに関しては、各車両で確認して頂いた方がいいでしょう。

電車はかなり揺れるので、トイレも慣れないと転倒してしまうかもしれません。

個室内はかなり狭いですが、お子さんの場合は親御さんが着いてあげた方がいいでしょう。

お年寄りや足がご不自由な方は、この和式は使わない方がいいでしょう。

トイレ内にも小さな手洗いがありますが、通路を挟んだ反対側に手洗いがあります。
2014-12-28-16-45-52
ちなみにハンドル?が壊れていましたが使うことは出来ました。

車両によっては女性専用のトイレや車椅子の方のために多機能トイレがありますが、

車両移動が必要なこともあるので、あらかじめ切符を買う時に窓口担当の方に確認してみてください。

紀伊田辺に到着します

新大阪から2時間程。結構長い間乗ってきました。

ここ紀伊田辺に着くと、また少し人が降りて行きます。

指定席の車両からはたくさん降りていったようですね。

大きな駅になるので、確実に誰かれかの乗り降りがあります。

この辺りではもう乗客は大分リラックスしてますね。とろーん。

そして私は魔法瓶のポットで持ち込みした暖かい紅茶が美味しい。

持って来てよかった。

やっと白浜です!

そして白浜。前駅の田辺からは10分程。17:17です。

温泉で年越しする旅行の方などはこちらで降ります。

アドベンチャーランドもありますね。

ちなみに、白浜から二駅(各駅停車の場合)の椿も温泉街で、

こちらも海の幸が堪能できる素晴らしいお宿があります。

白浜から、後ろ3両が切り離されます。この先も乗るなら、前の車両に移動が必要。

15時発でも白浜では既に真っ暗です。

白浜は降りる人が多いです。

私もたまにここで降りて、車で実家に行くことがあります。

電車でも車でも時間の大差はありません。

山間ではトンネルも増え、耳が痛くなりながらの乗車になります。

白浜からは改めてアナウンスが入り、

車内設備の案内(トイレや自販機など)が入ります。

各駅の到着時間もアナウンスがあります。

白浜からの乗車が多いからでしょう。

過去に山間を走っている時に駅ではない場所で停車したことがあります。

その際のアナウンスは線路上にシカが居たので止まりました、という内容。

他にもトラブルがあって遅れると、各駅の到着時間もずれるので、

待ち合わせなどがある場合は聞き漏らしがないようにしましょう

すさみに着けば、串本はもうすぐ!

続いてすさみ(周参見)です。

ここでも少し人が降ります。乗ってくる人はいませんでした。

17:43、あと30分程で目的地です。

実はさっきから横並びでふた席空いたら移動しようと見ていたのですが、

おじいさんが気になって動けないうちに他の人に取られてしまい…若干ストレス。

移動してくれてもいーのになー…皆移動してるのに。

他の1人で2席使う人は横になったりしていたのですが、

私はそうもいかず窮屈なまま串本まで乗りました。とほほ。残念。

降車の準備

特急くろしお号では、まもなく●●に到着します、と都度アナウンスが入りますが、

混雑状況によってはそれからの準備では間に合わない可能性があります。

今回はおじいさんに動いて頂くのと、自身の荷物が大きいので、早めに準備をしました。

ゴミ入れはデッキにあります。次の方のために、席にゴミを置いていかないようにしましょう。

目的地串本に到着!

到着しました。18:15、時間ぴったり。

いそいそと降りると日はとっぷりと暮れています。あまり明るくない、

串本駅に到着。降車人数は結構多いです。

そして最後の難関。串本駅のくろしお到着ホームにはエレベーターがありません。

バリアフリーなのは駅外からコンコースへのスロープだけ。

重たい荷物を運んで改札にて切符を渡して、電車の旅は終了となります。

写真 2014-12-28 18 18 52←パンダシートのパンダのあたまが見えているの分かりますか?

前の記事→ 年末年始 くろしお特急で、南紀串本へ行こう!【その1】へはこちら
関連記事 →くろしお特急で南紀串本へ行こう!その3「J-WESTカードでお得に指定席」編

このページの先頭に戻る

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)