イルミネーションの収納のポイント

クリスマスを彩るイルミネーション、片づけって結構面倒ですよね。絡まったり、入っていた袋や箱に入りきらなかったり。
適当にまとめてしまい込むと、錆やカビが発生したり、コードが断絶してしまうこともあります。逆に収納方法をきちんとしていれば、来年また使う時に絡まっていたりすることなく使えて気分も良いですよ。

a855796a7a028b78050112a0d6578b88_m
来年の準備と思って、今年はきちんと片づけてみましょう。

まずは汚れを落とす

面倒かもしれませんが、始めに外で晒されていた汚れを落としましょう。濡れている場合もきちんとふき取ることが大事です。乾いた柔らかい布で汚れをふき取ります。(軍手でしゅ~~~っとやったら結構汚れていてビックリします。交通量の多い場所ではしっかり手入れした方が良いかもしれませんね。)
汚れが落ちにくい場合、湿らせた布で汚れをふき取ります。洗剤類は使用しない方が無難です。

しっかり乾燥させること

カビなどを防ぐために、きちんと乾かして収納します。湿った布で拭いた後にまだ本体が乾いていない場合は、きっちり乾燥させてください。半日ほど風通しの良い場所に置いて乾かします。その後に袋・箱に収納します。

パーツが迷子にならない為に

ビニールタイでまとめておきましょう。モチーフなどの場合はライト本体・コード・コントローラーそれぞれを箱などに収納しますが、一目で分かるようにモチーフの名前を書いておくと混同しません。
飾りやすさを意識してまとめましょう。
特にLEDライトは絡まりやすいので綺麗に丸くまとめるのが難しい場合は段ボールに間隔を空けて巻きつけると使う時も便利です。

cd4380424a04d15ab06db71ca581af77_m

保管している間も…

購入した際の箱や袋にしまう時には、小さな穴をあけ、ここでも通気性を意識してみましょう。カビの予防になります。
また、何年も使ってヨレヨレになってしまったパッケージは、中身の見える収納ケースに移しましょう。次回取り出すのが便利になります。

片づけもイベントに

飾り付けの時にはお子さんと一緒にわいわい行う家庭も多いのではないでしょうか。私も子供の時はツリーを飾るのが大好きでした。一方、片づけは適当にしてしまっていたように思います。
クリスマスのイルミネーションを片づければ、年末もすぐ迫っています。大掃除の一端として、「来年もスノーマン飾ろうね」などと来年の話をしながらお手伝いをしてもらうのも子供にとっては大切なイベントかもしれませんね。
是非、美味しいところだけではなく準備や片づけなども含めて家族みんなで行いたいものです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)