結婚式、台風の中での参加になったら・・・

先日、高円宮家の次女典子さまと、出雲大社権宮司の千家国麿さんの結婚式が出雲大社で行われました。とっても美しいお姿、結婚式っていいものだなぁ、なんて思いを他所に、実は奇跡の結婚式でもあった模様!
54d884d752d83cdcb10f49aaed9db5d4_s

それは着々と進んできていた台風です。
当日、日本には台風18号の影響で各地に雨が降っていましたが、本当に出雲大社のまわりは“ぽっかり”と雲がなかったんです!すごい!

さてさて、実際にはこの雨の中でも結婚式は各地で行われており、自分が出席するタイミングで雨だったら、ましてや台風だったら…なんて思うこともあるでしょう。

新郎新婦も、式場側も、またゲストの方も皆素敵な結婚式であってほしいという願いは同じ、でも自然には勝てませんよね。
天候が思わしくなくても、素敵な式にはできるはず!

そんなポイントをいくつかまとめてみました。

当日の移動は時間にゆとりを持って

台風の日は交通機関が麻痺していて、事前に調べておいたダイヤと違うスケジュールの運行になっていることも多いもの。当日に改めて運行状況の確認をし、且つ早めの到着を意識する。車移動の場合も、道路が通行止めになっていないかなどをきちんと確認しておくこと、また代替ルートをいくつか調べておくと良いでしょう。
また、なるべく屋根のあるルートで移動できる様にルートの下調べをしておくと良いです。事前準備がきっちり出来ていると当日慌てません。

念入りに持ち物のチェックを

晴れていたら待ち時間の間にちょっと買いに行けるようなものでも、雨風の中での移動は困難。まして着替えが済んだ状態で出かけるのはできるだけ避けたいもの。何度も結婚式に参加されている方でも、チェックリストなどを用意していつもよりしっかり用意に念を入れた方が良さそうです。

ファッションも念入りに

式場には控え室があるので、そちらで着替えることが多いでしょうが、気を付けたいのは足元。特にべちゃべちゃに濡れた靴ではまずいですよね。到着するまでに足元が濡れてしまいそうな場合は移動用と式場用で別の靴を準備するといいでしょう。
女性のパンプスでエナメルの素材のものを選ぶ場合は本革の上にエナメルコーティングをしているものについては、一度シミになったら元には戻らないので、ビニールや合皮素材のものを選ぶようにすると安心ですね。
ヘアスタイルに関しても当日の開始前に美容院でセットしてもらう事も多いと思いますが、風や雨が強い場合はゆるふわではなく編み込んで毛先もまとめてしまうようなアレンジの方が後々手直しがなくて済みそうです。

e5228c2daafd491f770bcebeb096d1c1_m

式がはじまってからはばっちり盛り上がりましょう!

大変な中での準備、移動を経て会場に到着し、式がスタートしたら心はすっきり晴天に切り替えましょう!祝福の気持ちで満たされたら、式場内は本物の太陽以上に明るくなること間違いなし!くれぐれも「こんな雨のタイミングで開きやがって~」「帰りは憂鬱…」なんて顔をしてはだめですね。せっかく遠路はるばる訪れたのですから、素敵な式を盛り上げて楽しんでしまいましょう。

式場によっては、スケジュール延期の保障つきのところも

そしてこちらは新郎新婦の出来る準備として。開催するプランが主に晴天で行われることのみをうたった様なものなどの場合、一年以内のスケジュール変更は無料でできたり、何らかの補償があることもあります。一度式場に確認してみてはいかがでしょうか。出席してくれるゲストの中には若くて移動も楽な方ばかりではないはず。そんな方々の足元を確保することも、招待する側の大事な役目です。
余りにも大きな台風でゲストが殆ど欠席となってしまうのなら、日を改めるという決断も、ゲストに対する思いやりかもしれませんね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)