履歴書を書く 志望動機、アピールポイントの書き方

履歴書を書くのは骨が折れますよね。気持ち的に落ち込んでいると書くのも憂鬱になります。私自身もよく手が止まるのは「志望動機」のスペースです。
ここでは、書き方から簡単な例文までを載せているので、参考にしてさくっと埋めてみましょう。

4fc9ad5ac15cf255c0649afd66b33bb2_m

志望動機を会社側が聞く理由

「志望の動機」欄は、なぜその会社に応募したいと考えたかという理由を記載します。企業側は、内容で「転職理由」「どれだけ考えているのか」「逃げの転職ではないか」など様々な情報を読み解きます。読む側の立場になって、丁寧に書きましょう。
「自分のもっている経験や能力を活かして、応募先企業に貢献したい」という趣旨がきちんと書くことが必要です。

また、履歴書のような応募書類というのは複数の応募者の中から「アンマッチを見つける」材料とする企業が殆どです。ここで企業側が合わないと思う人物は、面接など二次選考に進むことはできません。

「志望の動機」欄には、
・応募先企業を選択した理由(なぜその会社を選んだか)

・自分の経験・能力のアピール(自分のどんなところを仕事に活かせるか)

・意欲(どんな仕事をしてその会社に役立ちたいか)

という点を盛り込んで記載します。

志望動機の書き方

ぼんやりとイメージしたままで書くことがないようにしましょう。

求人内容・企業の把握

求人票の内容、店舗、製品・商品、広告、企業のホ-ムページなどにきちんと目を通します。その上で、応募先企業ごとに、上記の三点の具体的な記載内容を検討します。特に「自分の経験・能力のアピール」の内容については、応募先企業の業務において、自分のどんな経験・能力を活かせるかという観点から考えてみましょう。

志望動機の文例

・「これまで私は~に関心を持ち、~に努めて参りました。そのような中でこのたび~を取り扱う貴社から~職の求人募集が出されたことを知り、この機会に是非、私の~の経験と能力を活かして貴社の~に貢献していきたいと思い、応募した次第です。」

・「貴社の~については以前より~に興味を持ち~してきましたが、~については、~と考えました。 前職では~に携わり、~を身につけて参りましたので、~できる自信があります。~の業務において自分の~を活かすことを通じて、ぜひ貴社の~にお役に立ちたいと思い応募いたしました。」

・「私はこれまで~を志し~に従事したいと考えて参りましたが、貴社の~については~の面で大変魅力を感じ、是非貴社で働かせていただけばと思うようになりました。~については~であるため、~の面では誰にも負けない自信があります。是非~において貴社のお役に立ちたいと考えております。」

・「私は、~の仕事の使命は~と考えており、これまでも~に努めて参りました。このような中で、貴社の理念は~であるとお伺いし、是非貴社の一員として~の取り組みに加わって~に向けて力を尽くしたいと考えました。~業務には~の経験があり、~もできますので、必ずや貴社の~業務に活かして~することができるものと考えております。」

志望動機は面接で最もよく質問される内容です

e107f7541ba2d957617eff68a8bf6fb7_s
「志望の動機」「アピールポイント」は、面接時に採用担当者から最もよく質問される項目の一つですので、面接の際にどう説明しやすいようにイメージして記載することも重要です。考えすぎて当日は違うことを話してしまうことのないようにしましょう。
面接に対して心配であるなら、記入済みのものを画像保存し、見直しして臨みましょう。

自分自身に応募職種の内容をこなせる能力や適性があることをアピールできるような、自分の性格や行動特性などが現れたエピソードを示すという方法もあります。
「貴社で学びたい」「充実感を得たい」などの個人的で一方的な希望にならないように注意します。

いかがでしょうか。複数の企業に応募していくうちに、いつも同じ文言の志望動機を書いているなら、要注意です。なぜなら「使い回そうとしているな」というのは相手に読まれてしまうからです。
履歴書の作成に慣れてくると、ついつい楽に書ける文字数や言い回しになりがちですが、次からは一呼吸置いて、志望動機には一筆入魂してみましょう。ここできちんと骨のある内容を確立しておくと、実際に次の選考に進んだ際に質問されても動じにくくなりますよ。

関連記事:2月の転職は実は狙い目!求人が多い時期に転職してみませんか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)