【お名前シール】おなまえ王国のアイロンシールを使ってみて、半年経過したので報告してみる【耐久性】

子どもを0歳から保育園に通わせています。入園前は初めての育児もあわせて右も左も分からない状態でした。1年以上経過し、少し周りを見る余裕ができてきました。周りを見ると、自分を振り返ることもできますよね。
毎日の通勤と保育園の送り迎え、その準備、実生活で必要なもの・・・。
その中で、アイロン使用のお名前シールを使った感想を書いていきます。経年劣化を気にされる方には参考になると思います。

まわりはあまり使っていない、アイロンの名前シール

保育園にお迎えに行って、持ち帰るものの中に汚れ物(衣類)があります。
あるあるだと思いますが、他の子の服やエプロンが間違って入っていることがあります。
そんな時は、どんな名つけをしているのかな?なんてちょっと気になるのですが、多いのはスタンプ、手書き。アイロンシールの子はあまり見ません。

限られたタイミングで見ると、割と油性ペンで洗濯などのタグに書いている人が多い。そして、長く使っているであろう物は、消えかけています。お姉ちゃんやお兄ちゃんのお下がりの子も、油性ペンの名前の上に訂正線を引いてそのとなりに名前が書いてありました。

消えかけてきたらもう一度書き直せと指導される

前提として、保育園では全ての持ち物に名前を書かないといけないので、それが消えてきたら意味がありません。毎回洗濯するようなものは特にインクが薄くなりやすいようで、エプロンは消えやすいみたいです。エプロンは名前シールも剥がれやすいです。

Tシャツやカットソー、トレーナーの名前はエプロンほど消えていないので、こちらは生地(素材)が原因のようです。

名前が書かれていないものや消えているものについては、指摘されたらまだいいものの、どこかへ行ってしまうこともあり得ます。なくなったら親子ともどもショックですから、避けたいところです。

利用しているのはこちら

楽天スーパーセールで1000円程度で購入しました。
可愛いデザインもたくさんあり、ミックス柄で購入し、付ける度に「次はどれにしようかな?この服にはどの色のシールが合うかな?」と楽しんで使用しています。

商品自体が細やかな気遣い溢れるものになっていて、アイロンで押さえる時に均等に圧力がかけられるための工夫の品(くっついたという板)が入っています。アイロンと衣類の間にあてるリケイ紙も入っています。購入時に文字を指定するので、以前紹介した紙おむつ用のスタンプ「おむつポン」とは違い1回で手元に届く、便利な商品です。

他にも、シールは剥がしやすくなる様に工夫されています(それでも爪がないとかなり取りにくいのですが)。

他の製品を使用したことがないので、比較が出来ませんが大体どちらも工夫をこらして改良をしているみたいですね。
安かったのでこちらで決めました。デザインと、シール自体のサイズが決め手でした。

わが家での「お名前シール(アイロンタイプ)使用環境を紹介します

うちで名前を付けているのは以下のものたちです。
・お昼寝布団(シーツ、布団袋、タオルケット=バスタオル)
・帽子
・肌着(半袖、タンクトップ)
・パンツ
・トイレトレーニングパンツ
・レギンス
・靴下
・スニーカー
基本的には、布っぽい部分にはガツガツ当てています。
お勧めは、帽子、靴下、スニーカーです。
ものによってはシールが足りない時期に油性ペンで手書きの名前で使用しているものもあり、そちらと比較するとやっぱり「見やすい」「可愛い」のがいいと思います。手書きはいくら字が綺麗な人でも、生地によっては歪んだりして上手く書けないことがあります。
靴下は履いた時と名前を付けた時で比較すると生地が広がっているので、手書きだと文字が読みづらくなります。
また、スニーカーは書きにくいので、上手に書くのがわたしにはできませんでした。アイロンを当てる角度が決められたらかなり楽に名前を付けられます。

ベロの内側部分、足首のあたりが付けやすいと思います。

前提としてほぼ乾燥機をしている(ため劣化早い?)

わが家は他所よりヘビーなのではないかと思うのですが、ほぼ毎回(バスタオルは天気が良いと外に干すこともあります)、乾燥機を使用しています。はじめは雨が降っていて、明日の持ち物どうしよう・・・というきっかけだったのですが、便利だったので習慣になっています。しわしわになってしまう生地以外は、ほぼ乾燥機行き。
そのため、シールに対しても負荷がかかっている可能性はあります。

しばらく使ってくたびれてきたお名前シールはこうなります

具体的に調べているわけではありませんが、約1年、昨シーズンから使っているものです。基本的には使用して毎回洗濯しています。
子ども服のため、小さくなって捨てているものが多いのですが、残っているものの中でお名前シールの劣化度合いが分かるものを探してみました。

1年以上使ったバスタオル

お布団とセットで、タオルケットとして使用しているものです。
家では使わず、保育園に持っていくためのもので、週に1回持ち帰ります。夏場になると水曜日にも持ち帰り日があります。

他にも、去年・今年と園内であたまじらみが発生したことがありましたので、その時期は毎日持って帰ってきていました。その時には他のバスタオルも出動させたので毎日持ち帰り→洗濯・乾燥まではしないものの、週に3〜4回程度の稼働になります。
他の衣類に比較して利用頻度が高いものかと思います。

名前はきちんと読み取れますが、シールは縦に亀裂が入ってしまっています。

インナー(肌着)に付けた名前シールの劣化具合


この画像は、約1年ほど平均して週に3回ほど着用・洗濯したものになります。名前はいまでも読み取ることができるのですが、シール自体は縦にひび割れが発生しています。それでもまだ剥がれてこないため、おそらくサイズアウトまでこのまま着用可能だと判断しています。

くつ下に付けた名前シールの劣化具合


こちらのくつ下は、着用は1年半程度、頻度は週に1回以下です。あまり履かないものです。それでも、その日に洗濯→乾燥機というコースなのでそれなりにくたびれています。上部に少しひび割れがあります。
ちなみに、この位置はお名前シールのお店(お名前王国)からオススメとされる接着位置になります。確かにあまり引伸しされないのですが、アイロンの時に注意しないと滑り止めのゴムが溶けます!

食事用エプロンに付けた名前シールの劣化具合

こちらも約1年ほど、週に3〜4回程度使用しています。このタイプのエプロンを複数使用しているのですが、どれも似たように剥がれるようです。

ポケット部分に名前シールのあとがありますが、すっかり剥がれてしまいましたので、洗濯タグに油性ペンで名前を書いています。

かろうじて残っている方の写真です。
縦の亀裂以外にも、端からめくれ上がって、引っ張ったら剥がれそうになっているのがわかります。こちらも、タグに手書きで名前を書いています。
このシリーズのデザイン違いのエプロンを合計6まい持っていますが、どの場所につけても同じように上手くいきませんでした。
素材はポリエステル100%(裏側はポリウレタンコーティング)だそうで、この生地にはあまり上手く接着しないようです。

向いているものには、おすすめなアイロン使用の名前シール(タグはうまくいかない)

劣化の具合を見ていただきましたが、剥がれやすい相性のわるい素材以外は、可愛いのでおすすめではあります。特にお布団袋やバスタオルなどの大きめのものには目立ってきれいに名前付けができるので、わたし自身も気に入っています。

また、こちらの製品はタグにつけるにはコツが必要です。以前何回かタグに試したのですが、タグ自体がかなり薄いので、指定の温度では高すぎるためか歪んでしまいました。
きれいに名前付けをするためには、ある程度の厚みがある生地に接着する方が安定します。紹介しているポリエステル製のエプロンも、剥がれてしまうのでおすすめはできません。

それ以外の布製品に関しては、はじめのアイロンを使用する時に上手くできれば、洗濯を重ねて劣化をしてもサイズアウトまでは問題なく使えると思います。特に、わが家は乾燥機使用のため傷みやすい状態なので日常的に天日で乾かしている方なら、問題ないのではないでしょうか。
参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)