うめだ阪急のバレンタイン企画 チョコレート博覧会2018に行ってきました

今年、2018年のバレンタインデーは
2月14日が平日(水曜日)のため、
今年も会社に義理チョコを配る人も
多いかもしれませんね。

関連記事:
https://moromoronokoto.com/archives/868.html

梅田で所用があったため
今年もうめだ阪急本店の
チョコレート博覧会2018
のぞいて見ました。

1階コンコースウィンドウでは「カカオの妖精」をイメージしたディスプレイが。
可愛いのでぜひ見てみてください〜。

平日の午後でもこの混み具合!よりイートインが充実な印象


今回わたしが訪問したのは

1月31日(水)の午後。

今年のバレンタインの催事は
1月24日(水)〜2月14日(水)
の22日間。

他の百貨店(大丸梅田店、阪神百貨店)
も同日程のようですね。

バレンタインデーには
あと2週間あるので、
ゆったり見られるチャンスかと思い、
足を運んできました。

平日の午後に行きましたが、
大学生くらいの若い女性が
たくさんいたのが印象的でした。

チョコレートよりも、
イートインのソフトクリームなどに
並んでいる人の方が
多かったようです。

どれも美味しそうなものばかりで
見ているだけでも甘いもの好きは
テンションが上がります。

若い女性が多いので、
あちこちでソフトクリームと
スマホ片手に撮影会をしていて
ちょっと面白い光景でした。

各店舗、今年はインスタ映えを狙い、
より一層美しい商品が並んでいました。

当日貰えるフロアマップは、素敵なお菓子のカタログでした

さらに増えたイートインのお菓子たち。
食べる場所も広くなった様に
感じましたが、どうなんでしょう。

実際に見て、
いいなと思ったものは

『Cagi de reves』ギャギ ドレーブ
クレープが美味しそうだったのと

『5th Avenue Chocolatiere』
5thアヴェニュー チョコラティアの
たい焼きソフト

は食べてみたいと思いました。

15時位に見たのですが、
『Patisserie Sadaharu AOKI Paris』
パティスリー・サダハル・アオキ・パリ
カヌレは、すでに完売していました。

他にも完売のものなどあったかも
しれません。
とにかく、平日午前中から行かないと
手に入らないものも有りそうな雰囲気
でした。

やっぱり人混み、大混雑!

今までは
会社の帰りに行くことが多かった為
比較すると空いてはいましたが、
混んでいるのに変わりはありません。

人気の店舗はしばらく待たないと
ショーケースの前に
たどり着くこともできませんでした。

今回はこのために出掛けてきた訳では
なかったため、短い滞在時間で
ぐるっと回って見たのですが、
空いている店舗も結構あって、
だれもお客さんがいないタイミングで
サクッと購入して帰りました。

まだバレンタインまでに余裕のある
空いている時間帯ではあったのですが、
シェフが来店している店舗もあり、

そのシェフが疲れた表情で
黙って立っていて、
日本のバレンタインに辟易している
風に見えたのが、
なんだかお気の毒でした。

疲れ覚悟で飛び込むのが吉?!

毎年盛大に開催されるこのイベント、
お金かかってるな〜なんて思っていたら
なんのことはない
昨年は約20億円を売り上げ、
73万人を動員したらしいのです。
それは百貨店も力が入りますよね。

ただ、年齢が進むにつれ
闇雲に美味しいお菓子を追いかけた?
若い頃に比べたら
チョコレートに対して
そこまでの情熱が
無くなってしまったのも事実。

わたしは子供ができるまで
彼氏や家族には毎年手作りして
いたため、高価なチョコを買う様な
習慣があまりなく、
毎年このイベントに足を運ぶのは
会社の同僚や先輩、友達
すなわち女性同士で
キャッキャと盛り上がる為だった
のです。

今年は産休で、
人付き合いも限られているので
目的もなくだらっと見ただけ
だったので、余計に感じたのが

生半可な気持ちでは
太刀打ちできない

ということでした。

並ぶのも、

立ったままソフトクリームを食べる
のも、

増えていく荷物が嵩張るのも

歩くたびに人に触れる距離感

おばちゃん疲れちゃう。。。

そして、
そんな気持ちを象徴したのが

今回の買い物、
空いていたから購入できたのが
大阪にある、某有名店のチョコ。

これが、夫に不評でした。
なんなら、

最近ガーナチョコを湯煎して
自分で作ったラムレーズンを入れて
単に固めただけのもの
の方が、美味しかったのです。
ショック・・・

せっかく行ったのに、

イベントが楽しめなかったのが
残念で、

たい焼きソフトという
ソフトクリームとたいやきの
くっついたお菓子があったのですが
それを笑顔で撮影していた
若きお嬢様方の姿を思い出し、
ああ年取ったな
来年は、友達と一緒に行ったら
楽しいかもしれないな
と思いました。

関連記事: 本命チョコに友チョコ、義理チョコ自分にご褒美チョコ。 なんでもそろうのが百貨店。特に、この時期にだけ特別に販売さ...

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)