Ceoと社長の違い

海外の経済ニュースなどでよく耳にするCEO。うっすらと把握はしているものの、社長とどう違うの?権限の範囲はどちらが上か?など疑問に思ったので調べてみました。2c1bb3e3ddb42ad2edf7ca1d87ad8888_s

そもそも社長や会長は法律が定めているわけではない

社長や会長といった肩書きは、法律で決められた地位ではなく、あくまで会社で定めた地位に過ぎない。「CEO」と「社長」と「代表取締役」という3つの肩書きのなかで、会社法で定められているのは、『代表取締役』だけ。日本の会社のCEOは、会社が自主的に定めて使用しているだけで、法律上の名称や地位ではない。

法律(会社法)で定められているのは代表取締役

「代表取締役」は、取締役のなかで、その会社を代表する資格を持っている人です。代表資格を持つのは、多くのケースでは取締役の一部、または一人だけですが、なかには取締役全員が代表取締役という会社も。代表取締役は、商業登記された人が名のることができる地位です。
定款によって取締役の人数が定められ、その取締役に選ばれて、代表取締役が決まります。
一方、「社長」は職責上の地位です。

社内の内規で自由に定められるもので、会社法上の意味合いはなく、内外的に会社の代表であるということを表わす意味合いが強いようです。
一般的には「代表取締役」と「社長」は兼ねている場合が多いため、「代表取締役社長」という肩書きをよく目にしますが、
「代表取締役会長」のように社長以外の「代表取締役」もありますし、「取締役社長」のように代表権のない社長も稀にあります。

CEOとは、Chief Executive Officerの略で、最高経営責任者のことです。取締役会からの委託を受け、取締役会の意思決定に従い実際に経営を執行する最高責任者です。CEOが、企業の経営方針や経営戦略を定め、その下でCOOが実際の企業運営を行います。COOはChief Operations Officerの略です。

取締役会会長とCEOを同一人が兼ねる場合が多くありますが、その結果1人に権限が集中し、経営陣を監視するという取締役会会長本来の機能が十分果たされなくなる危険性があると懸念されています。

何とも会社という組織は複雑に見えますが、実は私の昔勤めていた会社の代表取締役社長は、ある日突然失踪してしまいました。そのあと様々な出来事を経て、会社は倒産してしまいました。社長一人が居なくなっただけでこんなにもろく崩れ去ってしまう構造だったのだと唖然としたのを覚えています。

日本にCEOが広まった背景

CEOやCOOは、従来の日本にはなかった概念ですが、2003年の商法改正で委員会設置会社制度が誕生し、米国の統治制度(コーポレートガバナンス)を参考に、企業の経営を監督し意思決定を行う、企業の所有者である株主の代表「取締役会」と、取締役会の委託を受けて企業運営を行う「執行役」(COOとほぼ同義)と、役割が明確に分離できるようになり、これらの役職を設ける企業が増加しました。

役職についてのまとめ

db232217ea77c0a313210d09dfcc2904_s・会社法で規定されているもの
代表取締役
⇒株式会社を代表する権限(代表権)のある取締役
取締役
⇒会社の業務執行の決定機関である、「取締役会」の構成員

・会社法で規定されていない
専務取締役
⇒株式会社等の会社組織において、副社長以下常務以上のポジションを有する役職名
社長
⇒株式会社等の会社組織の長を意味する役職名
会長
⇒株式会社における「取締役会」の会長を意味する役職名
CEO
⇒Chief Executive Officerの略
「取締役会」から委託を受け、取締役会の意思決定に従い実際に経営を執行する最高責任者

他にも
・CAO(Chief Administrative Officer)…「最高総務責任者」
・CFO(Chief Financial Officer)……「最高財務責任者」
・CLO(Chief Legal Officer)…「最高法務責任者」
というものもあります。

一度自分の勤める会社や転職しようと思っている会社について、どのような権力構造になっているのか、調べてみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)