大阪で高齢出産その5 産休・育児休暇期間の奨学金支払いを停止してもらいました1

前回のお話:
https://moromoronokoto.com/archives/1523.html

奨学金の一般猶予申請をしました

産前産後休暇と、育児休暇をもらう予定のわたし。

その間の収入が途絶えるということで、

毎月返済している奨学金を停止してもらうことにしました。

離婚・住宅ローン対策センターは?住宅ローン診断士が対応、?全国対応、?コンプライアンス体制、?豊富な経験やデータ、?自己資金なし、といった強みがあります。安心してお任せ下さい。

ちなみに、わたしの借りている奨学金は

日本学生支援機構(旧:日本育英会、現:JASSO)

というところです。多くの方が利用されていると思うので、

書いてみたいと思います。

はじめに、ホームページを確認しました。

もともとはあまりよく知らず、

支払いがストップできたような気がしていたんですよね。

やはり「一般猶予」という項目があり、出産に関してはこちらになるようです。

一般猶予
現在返還が困難であるため、一定期間返還を待ってほしい場合に願い出る制度です。
適用期間は通算10年(120か月)が限度です。(ただし災害(注)、傷病、生活保護受給中、産休・育休中、一部の大学校在学、海外派遣の場合は10年の制限がありません。)(注)災害原因が同一の場合は、災害発生から原則5年が限度になります。”

●猶予ということばにあるように、免除ではありませんので、返済をストップしても、あとから返さないといけないのは変わりませんので、ご注意ください!●



産休に入る前に書類を準備しておこう

日本学生支援機構のホームページ書類をダウンロードし

他に準備するものがあれば合わせて日本学生支援機構へ郵送すると、申請できます。

会社に書いてもらう書類もあるので、

産前休暇に入る前に準備することをおすすめします。

書類では、いつから止めてもらいたいか書けるようになっているので、

わたしの様にギリギリではなく、早めに提出されることをおすすめします。

他にも、所得証明書などが必要になります。

こちらは役所でもらわなければならないため、

産休で平日休みに入ってからの方が取得しやすいかもしれませんが、

いずれにせよ早めに準備するに越したことはありません。

どれだけの間、支払いを延期してもらえるのか

わたしの場合、育児休暇は1年間休めるのですが、

支払いを止めてもらえるのはどの位の期間なのでしょうか?

日本学生支援機構のホームページは、

複数の階層に分かれていて、該当するページにたどり着くのに

少し時間がかかりました↓

「産前休業・産後休業および育児休業」
http://www.jasso.go.jp/shogakukin/henkan_konnan/yuyo/ippan/sankyu.html
内容としては

対象:産前休業・産後休業および育児休業により、無収入・低収入のため、返還困難な方。

猶予期間:1年ごとに願い出る。当該事由が継続する期間。 (取得年数の制限はありません。)

とあり、手続きによって支払いを停止できるのが1年間で、

また、妊娠で仕事を休む度に申請が可能です。

一回の申請で1年間停止ができるので、

延長が必要になった場合は再度申し込めばいいようです。

(保育園に入所できなかった場合は、半年間育児休暇の延長ができるので、

その際はまた手続きしてみようかと思っています。)

収入によっては、申し込みできないこともあります

給与以外にも収入がある場合、育児休暇中も給与の発生がある場合は、

猶予の手続きが行えないこともあります。

収入・所得条件:休業証明書に記載された有給期間が希望猶予期間に含まれる場合、当該期間については、経済困難の収入(所得)基準に準じて審査します。

そして経済困難かどうかというのは、

独自の基準で判断するとされていて

給与所得者:年間収入金額(税込)300万円以下

となっています。
また、休業期間中に給与がある場合に関しては、

休業証明書に記載された有給期間の1か月分の総賃金支払額が20万円(賞与の支給がある場合。賞与の支給がない場合は25万円)を超える場合は推定年間収入金額が承認基準の300万円を超過します。その場合有給期間については返還が必要となります。

とありますので、猶予はもらえないようですね。

また、給与以外にも収入がある場合に関しては、

給与所得以外の所得を含む場合:年間所得金額(必要経費等控除後) 200万円以下

と制限がありますので、あわせて注意してください。

ということで、まとめると

『年間収入金額が300万円以下の給与で、給与所得以外の所得が200万円以下』

の場合は、猶予をもらえる対象になるということですね。

ここで、猶予してもらいたいがために適当に書いたとしても、

証明書として所得証明書などを送付するので、

矛盾してしまうため、許可されない可能性が高いです。

では、次にダウンロードの手順を紹介します。

前回のお話: では、猶予をもらった(返済の一時停止をしてもらった)際の書類の場所などを書いていきます。必要な書類はリンクからダウンロー...

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)