きのこ狩りのシーズン到来 毒きのこには注意!

今年の秋は豊作?! 食べられるきのこ、毒きのこ

今年の夏は長雨だったため、きのこが豊作になるかもと言われています。

豊作というと嬉しい響きですが、

食べられないきのこたくさん生えることになります。

毎年9月、10月にはきのこを食べたことによる中毒症状が多く発生しています。

2012~16年に全国で起きた毒きのこの食中毒は計198件(患者数564人)で、

そのうち9月が53件(158人)、

10月が121件(357人)だったそう。(厚生労働省のデータによる)

この8月に、バーベキューの際にその辺に生えているきのこを食べて

中毒症状が出たというニュースがありましたが、

知識がないのに適当に食べてしまって

取り返しがつかなくなることがあるのが、きのこです。

自分で採って適当に食べる人などそうそういないとは思いますが、

実はきのこには『6つの迷信』があるそうです。

もし信じている人がいたら、要注意です!

信じてませんか?6つの迷信

1 「毒きのこは毒々しい色をしている」

色と毒は無関係。鮮やかな赤色のタマゴタケは食べられるきのこである。

2 「柄が縦にさけるきのこは食べられる」

毒きのこのほとんどは縦に裂けるものが多い(ドクツルタケなど)。

逆に、食べられるもので縦に裂けないものもある(ハツタケなど)。

3 「毒きのこでも茄子と煮たら食べられる」

茄子にきのこの毒を消す成分はない。毒は沸騰するお湯程度の熱では分解しない。

4 「塩漬けにすればどんな毒きのこでも食べられる」

塩漬けして水にさらしても残る毒はある。塩蔵きのこによる中毒もおこっている。

5 「かじってみて変な味がしなければ大丈夫」

毒のあるものも、食べたときに美味しく感じるものがある。(例:ドクツルタケ)

6 「ナメクジや虫が食べているきのこは人間も食べられる」

猛毒のきのこでも虫は食べられる。

わたしが知っていた(信じていた?)迷信は1の

「毒きのこは毒々しい色をしている」です。

多分毒々しい見た目のきのこであれば、

美味しいと言われても食べないだろうな…と思うので。

ただ、毒きのこの中には、普段食べられている

シイタケやヒラタケにそっくりなものもあるみたいです。

知らずに見たら、「お、シイタケやん!」となって食べてしまうかもしれませんね。怖いです。



食用きのこと間違えやすい、毒きのこたち

●ツキヨタケ●

幼い子実体はシイタケに似て、成熟した
ものは食用のムキタケやヒラタケに似ている。

日本のきのこ中毒できのこが特定されたケースでは、

ツキヨタケによるものがもっとも多い。

特に、シイタケやムキタケとは一本の枯れ木上に

混じり合って発生することがあり、誤食の危険が大きい。

●クサウラベニタケ●

食用のしめじ(ウラベニホテイシメジ、
カクミノシメジ、シメジモドキ(ハルシメジ)、

ホンシメジなど)とよく似ているため誤食が多い。

きのこ狩りで採集したものだけではなく、

路上販売や卸売り市場を経由した

流通販売されたきのこでも中毒例が報告されている。

●カキシメジ●

食用のチャナメツムタケやニセアブラシメジ
(クリフウセンタケ)、シイタケなどと間違われる場合がある。

きのこ狩りに慣れている人でも、きのこは種類が豊富な上に、

見た目での判別は難しいものだそうです。

知識を過信せず、野生のキノコの取扱いには注意しましょう。

食べる時には必ず専門家の知識を仰ぎましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)